« 言論のダイナミズム | トップページ | ひらめきの神秘 »

2006年5月21日 (日)

夢と現実の乖離

 数日前、「下流社会」を読了した。昨年に話題となった本だが、最近のベストセラーの傾向と違い、無闇に煽り立てるような論調でないのが良かった。文章全体は基本的にアンケートの調査結果の分析になっていて、結果から様々な仮説を立てて、「やはり下流化しているのではないか」という結論に導いていく形式である。しっかりとした内容ではあるが、ページ数に占める図表の量が多く、実質の文章量は少ないので非常に読みやすい。このエントリでは内容に深く触れることはしないので、興味を持たれた方は買って読んで欲しい。まぁ私としては、社会学者の宮台真司の結婚を批判し、その弟子の鈴木謙介を「青臭い」と一蹴している辺りに筆者の好き嫌いが読み取れて愉快であったのだが。

 この本によって印象づけられる「下流化」の概念は、既に一般的にも格差社会の文脈で当然のように論じられていることだが、論理だけで片付けられない不条理性を持つ現在の格差問題を改めて直視させてくれたものと言えよう。調査結果に基づく厳然とした事実の羅列は、理由に先んじて結果の認識を強いるものだからである。例えば、私はこの本を読み終わった後、次の報道に強い疑問を抱いた。毎日新聞5月17日付の記事である。

 日銀などでつくる金融広報中央委員会が17日発表した「子どものくらしとお金に関する調査」で、「お金よりも大事なものがあるか」との問いに小中高校生の約8割が「そう思う」と答えた。「勝ち組」「ヒルズ族」などと、成功者がもてはやされる風潮が広まるが、同委は「子供の金銭意識は予想以上に堅実だ」と分析している。
 この内容にあれっと思ってしまったのは私だけだろうか。この問いにイエスであることは、金銭意識が堅実であることを必ずしも意味するものではなく、読み方によっては「最近の子供はお金に対して興味がない」という邪推もできる(比較形の問いなので一概にそうとは言えないが)。「夢さえあればお金はいらない」という夢追いフリーター型の社会人になってしまう可能性も否定できないのである。そうした辺りを無条件に楽観視している日銀に少し呆れた気持ちになってしまう。そして、ニュースは以下のように続く。
 ライブドア事件を挟んだ昨年12月~今年3月、全国の小中高校506校、8万7447人を調査した。「お金持ちはかっこいい」との問いに「そう思う」と答えた割合は小学校低学年と高校生が2割強と、回答者の中で最も高かった。しかし、小学校高学年は同じ質問に約7割が「そう思わない」と答え、最も否定的だった。その一方で、中高生の6割以上は「お金をもうけられることはすばらしい」と答えた。
 また、1カ月の小遣いの額は、小学校高学年で平均1122円、中学生2738円、高校生5590円だった。
 おい、まてまて、私の小遣いよりも平均のほうが高いじゃないか、というツッコミはこの際関係ない。注目して欲しいのは、二つの調査結果の繋がりである。大半は金持ちがかっこいいと思わないのに、金儲けを素晴らしいことだと思っている。一見矛盾している二つの結果は「自分が金儲けできたらこの上ないが、(それができないから)金持ちは素晴らしいように見えない」という仮説を立ててみると、途端に納得いくものになってしまう。無論、二つの調査結果は調査環境が異なるものであり、安易な論理的一貫性を求めることは危険である。だが、この理由を現代の子供たちに根付く「ひがみ」として読み取るならば、それで説明できてしまうのである。先日読了した「下流社会」で述べられていた内容も、「ひがみ=下流化」として位置づけていたような気がする。とすれば、金持ちがかっこいいと答えた二割強は上流になる可能性を含んだ層なのであろうか。

 私が最近テレビ番組を見ていて嫌に思うことは、IT社長だのセレブだのといった成金を取り上げる番組が異様に多いことである。私は他人がどうだろうと構わない質なので、この手の野次馬根性には忌避感を覚えるものだが、世間の人々はこうした番組を見て何を思うのだろうか。それは、私にはなれないという諦めの感情だろうか。一昔前の人々ならば、こうした金持ちを見ても、そこまでに至る努力の過程を自分に投影して考えることができたのだろう。だが、現在の人々は金持ちになるまでの努力の過程を自分に投影して考えることができない。人々が変に賢くなってしまって、結果に隔たりがあることは、意欲に隔たりがあることと同値であると考えてしまっている。どの哲学者であったか、「”しない”ことは”できない”ことである」と言っていたことを思い出すものだが。ともかく、これが社会格差を決定的なものとしている希望格差(インセンティブディバイド)である。こうして、人々はテレビの中のセレブたちが結果・意欲の両面で自らと異なることを意識するのだ。ところが、ここに至ってテレビに「趣味を職業にしてみたら大儲けしました」なんていう人が出てくる。実際に趣味が儲け話になることは、それこそ宝くじを当てるようなものなのだが、人々はここに夢追いを正当化する理屈を見いだしてしまう。”趣味をメシのタネに”という幻想のようなスローガンを掲げて夢追い型のフリーターが急増しているのは、このようなメディアの流す情報が一因になってしまっているのではないか。私はテレビを見ながら漠然とそんなことを考えていた。

|

« 言論のダイナミズム | トップページ | ひらめきの神秘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56846/1886888

この記事へのトラックバック一覧です: 夢と現実の乖離:

« 言論のダイナミズム | トップページ | ひらめきの神秘 »