« 求められる情報管理の倫理 | トップページ | おいアメリカ、それは筋違いだろ! »

2005年6月 4日 (土)

マッチョになれるマウス

 私はパソコンのヘビーユーザーだ。もちろん私は学校に行かない引きこもり、ニートの類ではない。しっかり学校には日々通っているのだが、学校から家に帰ってくると玄関で靴を脱ぎ、自分の部屋に入るなり服も脱がず、手も洗わず、まずPCの電源を付けるのが習慣である。その後PCの僅かな起動時間の間に素早く服を着替え、手を洗ってPCの前に戻ってきていつもの「定位置」に着席する。定位置に着席したら最後、寝るまでほぼ画面の前である。

 私のデスクトップパソコンが置いてある場所は勉強机のすぐ隣である。勉強机の横にPCがあるということは勉強・宿題中も常にその誘惑があるということである。勉強をやり始めて少し休憩したくなると、PCの前に椅子を移動させる。そうして移動したまま元の宿題の存在を忘れ去る。よくない日常だ。最近はそうした自堕落な習慣を改めようと、PCの前で勉強することにした。1年半前にPCを買い換えて以来、液晶17インチディスプレイになってスペースが空いた私のパソコンデスクでは、キーボードの横に勉強用具を広げて学習することが可能なのである。

 しかしそうしてパソコンの所為で勉強ができないという問題を解消しても、まだ重大な問題が残っているのである。それは運動不足だ。毎日家から離れた高校に通うのにそれなりに歩くので太りすぎることはないのだが、筋力が不足するのが甚だしい。体育の授業は絶対に私の敵だ。
そんな中でなんと、パソコンをしながら筋力を増強するマウスがあったのである。USBケーブルから分岐する電極パッドを身体に貼り付けて電気振動がくる仕組みだそうだ。誰かこのマウスを購入して、家にいながらボディビルダー並みのマッチョになりましたって人がいたら教えて欲しいのである。実際に効果がある実例を見たら私も買ってみようと思うからだ。電気振動で筋力増強するのはいつぞやのアブトロニックと同様の仕組みでうさんくさいと思っているのは内緒である。

|

« 求められる情報管理の倫理 | トップページ | おいアメリカ、それは筋違いだろ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56846/848576

この記事へのトラックバック一覧です: マッチョになれるマウス:

« 求められる情報管理の倫理 | トップページ | おいアメリカ、それは筋違いだろ! »